土地評価の基本

財産として思い浮かぶものに不動産があると思います。
自宅の土地と家屋です。財産のうちで大きなウエイトを占めている土地の評価とはどのように行われるのでしょうか?
まずは、その基本を頭に入れておきましょう。

 

基本は「路線価方式」と「倍率方式」

相続税の対象となる土地は、亡くなった方(以下、「被相続人」という)が所有していた土地です。被相続人の名義になっている土地はもちろんのこと、誰か他の人と共有していた土地も、その所有持分に応じた評価額を課税財産に加えて相続税を計算します。


土地の評価額=時価の考え方ですが、通常は相続人が財産を取得した日、つまり被相続人が死亡した日の時価が相続税評価額を算出する基準となる価額です。実際に土地を評価するのは被相続人が亡くなった後ですが、相続開始の時点にさかのぼって評価額を考えます。


なお、土地の評価額=時価は実際の売買取引価額ということになりますが、売買をしない限り決めるのが難しいことから、それに代わる方法として「路線価方式」か「倍率方式」が採用されます。

 

路線価方式

路線価方式とは、国税庁が発表する路線価(毎年7月に更新される道路毎に定められた1㎡あたりの土地の価額)を基準として評価額を決めるというもので、主に市街地の土地を評価する場合に用いられます。

倍率方式

倍率方式とは、相続開始年度の固定資産税評価額に国税局長が定めた倍率を乗じ、評価額を決めるものです。市街地以外で道路が通っていないような地域の土地は、この方法を用います。

 

相続の無料相談会実施中 

ImgTop12.jpg

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる5つの理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ

 


福岡しあわせ相続サポートネット 相続税専用ご相談サイト
Copyright (C) 2013 税理士法人たかはし事務所 All Rights Reserved.
福岡オフィス:福岡県福岡市東区筥松 2-28-26  TEL 092-621-6320  FAX 092-621-6442
北九州オフィス:福岡県北九州市八幡西区里中2-17-13 ピボットコート今池402  TEL 093-613-5880  FAX 093-613-6211

福岡しあわせ相続サポートネット相続税専用ご相談サイト会社設立サポートセンター福岡福岡 経理・会計サポートセンター