形が悪い土地

すべての土地の形状が正方形や長方形という訳ではありません。


宅地として使うのに形が悪い土地はいくらでもあります。

当然のことながら、形の良い土地よりも土地の利用価値が下がりますので、その評価額も下がります。


形が良い四角形の土地(以下「整形地」という)と比較して、形の良くない土地を「不整形地」(三角地を含みます。以下同じ)と呼び、整形地とするのに不足している部分を「かげ地」といいます。

 

 一般的に、かげ地の割合が多ければ多くなるほど不整形の割合が高いということから土地の評価は下がります。不整形地の評価は、最大40%まで減額が認められます。

 

相続の無料相談会実施中 

ImgTop12.jpg

 

  • お客様の声
  • 無料相談会
  • アクセス
  • 選ばれる5つの理由
  • 費用について
  • ご相談の流れ

 


福岡しあわせ相続サポートネット 相続税専用ご相談サイト
Copyright (C) 2013 税理士法人たかはし事務所 All Rights Reserved.
福岡オフィス:福岡県福岡市東区筥松 2-28-26  TEL 092-621-6320  FAX 092-621-6442
北九州オフィス:福岡県北九州市八幡西区里中2-17-13 ピボットコート今池402  TEL 093-613-5880  FAX 093-613-6211

福岡しあわせ相続サポートネット相続税専用ご相談サイト会社設立サポートセンター福岡福岡 経理・会計サポートセンター